熊本県の天草を紹介します。世界遺産に登録されキリシタン文化が残ってる風景が素晴らしい!

地元紹介

熊本松橋インターから国道266・324を経由して上天草の素晴らしい景観を見ながら牛深に向かう。途中河浦から国道389号に入り崎津の町に入る、ここは有名な崎津教会がある港町である。ひなびた港町の通りから少し入ったところに天主堂はある。周りは普通の港町と変わらないが、その一角だけが異国の感がする。立派な教会の天守堂がそう感じさせている。

昔からの地元の人たちのキリシタンに対する思いが感じられる風景である。

そこから少し国道389号を大江の方向に車を走らせると30分もしないうちに大江教会がある。

少し小高い山の上に真っ白な立派な教会が立っている。天主堂へのアプローチも整備されていて気持ちの良い教会である。

世界遺産にも登録されたキリシタンの歴史を見て牛深迄戻る。ハイヤ大橋のたもとに道の駅があり食事や現地の産品も多く販売されている。

グラスボートなどもあり、きれいな牛深の海を満喫できる。養殖が盛んなこのエリアは魚介類が新鮮で、おいしい魚が頂ける。

そこを起点に、来た道を熊本方面に帰ると何カ所か温泉宿泊施設もあるし、フェリーで鹿児島方面へのルートもある。

熊本から天草までのルートは、タコや甘エビなどが有名な有明海沿いエリアで、天草四郎ゆかりの地や海を挟んで長崎雲仙も望める風光明媚な道程を楽しめる。

熊本から鹿児島への旅の変則ルートではあるが、天草牛深から阿久根市を経由して国道3号線を鹿児島へ抜ける面白い旅が楽しめる。

 

詳しくは https://www.t-island.jp/p/spot/category/see から開いてください。